So-net無料ブログ作成
検索選択

RCE-BL70G アンプの設定 [アンプ]

ALIGN の RCE-BL70G は、標準のまま(初期設定)で使用できるようになっているはずです。
設定方法は、RCE-BL35X などとほぼ同じですが、BEC 電圧の設定が追加されています。この設定は RCE-BL25X にもありました。(以下の設定方法は、RCE-BL35X に追加したものです。)

DSCF2478.jpg

機体の制作が全て終わり、バッテリーをアンプにつないでスロットルスティックを動かしても、ローターが回らないと思ったら、スロットルのノーマル/リバースの設定を見直してください。

FUTABA の場合は、3ch (スロットル)は、リバースに設定します。

アンプの設定方法は、設定値を変更したい場合以外にも、知らず知らず設定を変更してしまう場合もありますので覚えておくと便利です。

スワッシュを設定するために、モーターのコードをはずして、スロットル操作をした場合に電源を入れた時にスロットルスティックがたまたま High になっていたら設定モードに入ってしまうので、設定値が変わってしまう場合があります。

それでは、設定を。

【設定方法】

0.設定モードに入れる
受信機など接続は完了しているものとします。
モーターをアンプにつないでおきます。念のためローターははずしておきましょう。
回り出すことはありませんが、一応念のため。

送信機のスティックを High (一番上)にします。
アンプにバッテリーを接続します。

アンプから長めの音がします。

スロットルスティックを Low (一番下)にします。

アンプから音がして設定モードに入ります。

以下順に設定して行きます。

1.ブレーキの設定
スティック Low でブレーキ無し         ●初期値はこれ
スティック Middle (真ん中)でソフトブレーキ
スティック High でハードブレーキ

スティックの真ん中はだいたいの位置で良いです。

ヘリの場合、ブレーキはかけませんので、スティックは Low です。

ピッ  、  ピッ  、  ピッ  、  ピッ と音がしている間に Lowに します。
Low.jpg

2.タイミング設定
スティック Low でロータイミング
スティック Middle でミドルタイミング     ●初期値はこれ
スティック High でハイタイミング

ALIGN のモーター 600M を使うのでタイミングはミドルタイミングでスティックは Middle です。

ピッピッ 、 ピッピッ  、 ピッピッ 、 ピッピッ と2つ音がしている間に Middle にします。
Middle.jpg

3.バッテリープロテクション設定
スティック Low でハイカットオフ電圧保護
スティック Middle でミドルカットオフ電圧保護 ●初期値はこれ

バッテリーの電圧が下がった時にモーターをスローダウンしたり、ストップします。
ハイカットオフ
リポの各セルが 3.2V 以下になったらパワーダウン、3.0V 以下になったらストップ
ミドルカットオフ
リポの各セルが 3.0V 以下になったらパワーダウン、2.8V 以下になったらストップ
リポは 3.2V 以下になったら壊れるおそれがあるので、パワーダウンしたらすぐおろしましょう。

通常はハイカットオフに設定するので、スティックは Low です。
ピッピッピッ、 ピッピッピッ 、 ピッピッピッ、 ピッピッピッ と3つ音がしている間に Low にします。
Low.jpg

4.飛行機・ヘリモード
スティック Low で飛行機モード
スティック Middle でヘリモード     ●初期値はこれ
スティック High でヘリ+ガバナーモード
ヘリモードにしておくと、スロットルを上げた時にするするとローターがゆっくり回りはじめます。
ガバナーモードはガバナーを使う時に勉強して設定してみてください。

通常はヘリモードに設定するので、スティックは Middle です。
ピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッ 、 ピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッ と4つ音がしている間に Middle にします。
Middle.jpg

5.スロットルレスポンス
スティック Low でスタンダードスピード
スティック Middle でミディアムスピード
スティック High でクイックスピード     ●初期値はこれ
T-REX 550E は3Dヘリなのでクイックスピードになります。
クイックはスロットルのレスポンスが良いが MAXパワーが少し落ちる、パワーバンドが少し狭くなるそうです。
クイックスピードに設定するには、スティックは High です。
ピッピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッピッ 、 ピッピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッピッ と5つ音がしている間に High にします。
High.jpg

6.BEC 出力電圧
スティック Low で5.0V
スティック Middle で5.5V         ●初期値はこれ
スティック High で6.0V
ALIGN の付属品なら6.0V でもOKです。
その他のメーカーのサーボの場合は取り扱い説明書で確認してください。
1個でも低い電圧のサーボを使う場合はその電圧に合わせます。
5.5V に設定するには、スティックは Middle です。
ピッピッピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッピッピッ 、 ピッピッピッピッピッピッ、 ピッピッピッピッピッピッ と6つ音がしている間に Middle にします。
Middle-df998.jpg

これで設定は終わりです。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

しょん

ななポメさん、こんばんは。

アンプ設定を含めて記事にしていただきありがとうございました。
アラインのバッテリー保護設定は確かに電圧が低いですね。3Vを切ったらまずいのでは・・・ プロポのタイマーが必要ですね。
by しょん (2010-07-13 23:53) 

NO NAME

ななポメさん、はじめましてこんにちは。
神戸のりゅうちゃんと申します。

以前までは90のエンジンヘリを飛ばしてましたが、今回T-REX550Eを購入し飛ばしています。
そこで質問です!オートロの時にミスをしてオートロを解除
してもアンプ設定がヘリモード(スロースタート)なので、エンジン機のように即復活せずに超ハードランディングになり
2度ほどスキットを折り、ローターを軽く叩いてしまいました。
皆さんはどのような設定をしていますか?即復活は諦めるのですか?
550なのでアンプ設定でのクイックスタートも恐いし・・・




by NO NAME (2011-02-09 09:31) 

nanapome-rc

りゅうちゃんさん、こんばんは。
ALIGN のアンプのスロースタートは、PHOENIX ほど極端ではないと思いましたが、オートロをするぐらいしばらくローにしておけば、スロースタートになってしまいますね。
PHOENIX だと、ちょっと再スローに入れるだけで、スロースタートに入ってしまいます。
ALIGN のアンプはスロースタートがゆっくり過ぎるので、そうなるのでしょうね。
スロースタートでないモードにして、ローターを軽く回してから、エンコンを上げるというのはいかがですか?
90クラス電動でも割と大丈夫でした。
もうひとつ、ホールドを入れた時のスロットル位置をわずかにパワーが入るようにしてみるというのはいかがでしょうか。
試してみていませんので、想像で書いています。


by nanapome-rc (2011-02-09 19:50) 

りゅうちゃん

ななポメさんありがとうございます。
今朝、アンプを飛行機モードに変更し、回してみました。結構怖かったんですが慣れるとこんなもんかなって感じで回せましたので本日仕事の為日曜日にでも飛ばしてみて、オートロ解除に挑戦してみます。

by りゅうちゃん (2011-02-11 10:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: