So-net無料ブログ作成

GP790 ジャイロの設定 [T-REX 450 Pro V2]

設定をし易いノーマルな搭載方法にしています。

ジャイロのコネクターはラダーチャンネルに、感度調整用の黄色いケーブルのコネクターは感度調整用チャンネル( FUTABA だと 5ch )に接続します。

IMG_2391.jpg
電源を入れた状態で SET ボタンを長押しします。

IMG_2392.jpg
サーボの種類を選択する状態になります。
1520/960 のところに緑のLEDが点灯しています。
ラダースティックを左右に動かす事によってどちらかを選択することができます。
1520 の場合は緑のLED、960 の場合は赤のLEDが点灯した状態で SET ボタンを押します。
960 を設定するのは、FUTABA のごく一部のサーボ( S9256 、S9251 、BLS251 )です。
450 Pro ( DS520 )は、1520 を設定します。

IMG_2393.jpg
次にサーボがデジタル( DS )か、アナログ( AS )かを設定します。
同様にデジタルが緑、アナログが赤のLEDです。
450 Pro はデジタルの状態で SET ボタンを押します。

IMG_2397.jpg
次のジャイロの効く方向を設定します。
ノーマル( NOR )、リバース( REV )とありますが、ノーマル方向に設定します。

IMG_2398.jpg
ラダーの動作角の設定です。
LEDが赤く点滅するので、ラダースティックをどちらかに動かして、いっぱいまでテールピッチアッセンブリーを寄せます。寄せすぎると、ラダーサーボからジーっと音がしますので、ラダースティックを逆に動かして少し戻します。操作中はLEDが緑に点滅していると思います。
次にラダースティックから手を離します。すると赤く点滅するので、ラダースティックを逆方向にして、同じように設定します。
ラダースティックから手を離して、SET ボタンを押します。

IMG_2400.jpg
DELAY(操作に対してどのくらいジャイロの反応が遅れるか)の設定です。
450 Pro の場合は赤のLEDになるようにしてください。

SET ボタンを押して終わりです。一旦電源を切ります。
設定の途中で終了しても、その途中まで設定したものは有効となります。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0