So-net無料ブログ作成

バー付きヘッド

IMG_3638.jpg
シルフィードの標準的なバー付きヘッドです。
フライバーの長い800用もあります。
これでまたちょっとFBL機との違いを確かめます。競技に出るわけではないので、まったりとホバリングしたい時はこれでも良いかもしれませんね。

バー付きに3軸ジャイロを搭載しているのを見たことありますが、どうなんでしょう。


Flickr_.png

バー付きに (続き)

IMG_3637.jpg
サーボ調整ぐらいまではすぐに出来上がります。
これはスワッシュを水平にしたところまで。
ヘッドはこれから取り替えます。

Flickr_.png

バー付きに

IMG_3636.jpg
スワッシュサーボとして MP80S が3セット余分にありますが、JRのブラシレスサーボはフライバーレスシステムに推奨されていないので、バー付きタイプに変更することにしました。
(高速なので性能は良いです。)
ちょうど、GY701 も R6008HS も余っているので、一機分大丈夫ですね。

ただし、モーターとアンプは F700 に持って行ってしまったので、どうするかですが。


Flickr_.png

R6303SB 受信機交換 [受信機]

IMG_3630.jpg
R6303SB です。テレメトリーは使いません、R7003SB の高速応答も違いがわからないので私にはこの受信機で十分です。

IMG_3631.jpg
この受信機は、E6−550 をフライトするため、はがしてしまった F700 の方に取り付けます。
R6203SB → R6303SB 入れ替えになりました。

IMG_3633.jpg
元あった位置に。

IMG_3634.jpg
バインドスイッチを押したままにして電源を入れます。一秒以上押したままでバインドボタンを離すと高速モードに切り替えられます。(通常モードへはもう一度同じことを、送信機の電源はOFFのまま)

モード切り替え後は、オレンジ、グリーンの LED が同時点灯しています。

IMG_3635.jpg
送信機の電源も入れるとグリーンに点灯。

次は SYE12 ですね。


Flickr_.png

テールブレード

IMG_3629.jpg
石ころの多い場所でテールをこすったので削れてしまいました。
交換と予備を兼ねて調達。

FORZA 450 の分も調達したのですが、EX 用も価格が少し違うだけで上級機と同じデザインなので、写真のものに。でも、カーボンではありませんでした。樹脂でいいのですが、450 標準の艶のある方が好きだったのですが。

E550 はテールブレードをもう少ししっかりしたものに交換したいのですが、似たようなサイズが無いので純正のもの(比較的安価)にしました。


Flickr_.png

補充のはずが(決着しました) [バッテリー]

IMG_0330.jpg
返金された分の荷物は2ヶ月半後に到着しましたが、受け取らず、発送元に旅立って行きました。
既に同じ物を国内ルートで調達済みなので。
帰りも同じようなルートを辿るのかな?
-----------------------------------------------------------------------------------
paypal から連絡があった直後から、登録してあった2種類のアドレス(途中で変更した)の両方に海外の怪しいメールが届くようになりました。(まさかね)
公開していないアドレス自体はどこからか漏れた(ハッキングされることもあるので)と考えられますが、両方とも使ったサイトは他にないのですけどね。
アカウントにはテンポラリなアドレスを使っておいた方が安全ですね。
-----------------------------------------------------------------------------------
一昨日、paypal より払い戻しの連絡がありました。
ショップに支払った分も回収するそうです。

ショップ側では、ゆっくり対応して、物が届くまで時間かせぎをしていたのかもしれませんが、未だにマレーシアポストで止まったままです。(ショップ側が止めたのか、配送の途中で紛失したのでしょう。)

もうしばらく待って、解決しなかったら、日本のクレジット会社経由で解決を依頼するつもりでしたが、そこまでしなくても良いことになりました。

国内外問わずいろいろなショップを利用してみましたが、届かなかったのは初めてですね。
これまで運が良かったのかな?

-----------------------------------------------------------------------------------
誤接続して1本死んでしまったものと、1セル死んでしまったもの。
どちらも12セルとして使っていたので、1本ずつ中途半端に余っていました。
使用履歴の異なるバッテリーを組み合わせたくなかったのですが、もったいないのでオーダーしました。

注文したのが先月の10日、発送の連絡があったのが12日。
マレーシアの国際交換局に着いたのが23日。
そこから発送されたのが、今月5日。
未だに国内に入ってくる気配はありません。

40ドルほどの高額な配送料をとっている割にはとても安価な配送手段が使われているようす。
(ある程度まとまらないと運ばないパターン)
配送料がショップの利益にまわっている例は Amazon の出店の中で良く見かけますが...。

paypal 経由で意義を出しましたが、トラッキングで追うようにとの回答。
明日、クレームとして処理します。

国内でも比較的良心的な価格のところを見かけたので、これで100%国内調達かな?

追記:ショップ側で状況を調べて、報告すべきというメッセージを追加。
クレームにエスカレートして、現在どのようになっているか伝えるべきと伝えたところ。
トラッキング番号を知らせているという返事でした。


Flickr_.png

効率よく練習

IMG_0386.jpg
連続フライト時間が10分超なので、長く背面状態をつづけられて F450 より練習時間がとれます。

トータル5本でしたが、10フライト分に相当する時間だと思います。( F450 は5分/フライト)

もう少しバッテリーはありましたが、ウォッシュアウトにガタがあるのを発見。

IMG_3628.jpg
取り付けネジ部にはカラーが入っていて十分に締め付けてある(自分で組み立てたところ)ので、外れる心配はないのですが、長い間にネジが金属疲労を起こしそうなので、ベアリングとカラーをロック剤(緑)で固定しました。

制作記事では、カラーとネジとなっていましたが、カラーとベアリングに訂正しました。


Flickr_.png

モーターの缶を効率よく冷やすには [その他]

IMG_3627.jpg
よく考えてみれば横から風をあてた方が効率的ですね。
モーターの缶を少し回転させてやる必要がありますが、同じような時間で冷たくなるまで冷却できます。

ファンも下に置くより効率的に風を送れますし。


Flickr_.png

まっすぐに飛ぶには

IMG_0247.jpg
ラダー操作の方がエルロン操作より重要に思えます。
ヘッドロックジャイロなので、テールが推進方向からずれていても、テールを曲げたまま飛んで行ってしまうのかと思っていましたが、そうでも無いよう。
エルロン方向に傾いていてもそれほど直進性に影響は無い(厳密にはあります)ようです。

ストールターン時にテール方向をしっかり揃えて、理想的にはそのまま真っすぐ、ダメでもわずかなラダー修正で直進をする練習をしながら、水平飛行をちょっとスピードアップさせてみました。


冷却は E6 でもなんとか

IMG_0381.jpg
こんな形にすればモーターの冷却は可能なようです。
1〜2分で、というわけには行かないようですが。

E6-550 少し低めのアイドルアップならば、5,000mAh で10分以上の練習が可能です。
(背面練習限定ですが)
通常の上空フライトでも7分以上大丈夫かと。

IMG_0379.jpg
FORZA 450 も冷やしながら、じっくり練習してきました。


Flickr_.png