So-net無料ブログ作成
T-REX 600E PRO ブログトップ

ピッチ設定 [T-REX 600E PRO]

IMG_0554.jpg
もう一度、スワッシュの水平確認をしました。今度はゲージを使って。

IMG_0555.jpg
上の方(フルスロットル)の状態では少しずれていたので、エンドポイントをエルロン、ピッチとも4コマ修正してあります。

IMG_0556.jpg
ピッチはスロットルセンターで0度としたいところですが、わずかに−0.5度となっています。

エルロン、エレベーターの最大舵角(コレクティブピッチ)は12度の指定なので、説明書どおりにしてあります。(かなり大きめです。)
ジャイロの補正用動作角(サイクリックピッチ)は、エルロン、エレベーターとも9度。

ピッチカーブはノーマルで
 −2度→5度→12度
アイドルアップ1
 −7度→5度→12度
アイドルアップ2
 −12度→0度→12度(ピッチカーブほぼ一直線)
ホールド
 −5度→5度→12度
となっています。

エルロン、エレベーターとも動作角度が大きいので、デュアルレートを各舵70%にしてあります。
この辺りは最初小さめで、フライトしてみて変更して下さい。

スロットルカーブは指定どおりです。

送信機、受信機用電源、動力用リポは充電しておきますので、また週末にお願いします。


三分岐ケーブル [T-REX 600E PRO]

ALIGNの3GXには3分岐ケーブルが付属しています。
これを作成します。

IMG_0549.jpg
既存のケーブルのコネクターはずした方が簡単だったので、10cmの両側メスコネクターを利用します。

IMG_0550.jpg
3本のケーブルをそれぞれ、別コネクターに入れ直します。
ケーブルは4セットあれば、3分岐ケーブルを2組作れます。

IMG_0552.jpg
3GXジャイロと受信機を接続してみたところ。

3GXはSBUS対応なので、R6203SBなどのSBUS受信機だとケーブルはSBUSケーブル1本で済みます。

IMG_0553.jpg
電源を入れて確認したところ正常に動作しました。
交換した、不良と思われる3分岐ケーブルは導通テストをしてみないとなんとも言えませんが、接触不良部分があるように感じます。


ななポメドックへようこそ [T-REX 600E PRO]

IMG_0548.jpg
T-REX 600E PRO FBL です。
2機目ですね。
今回は、3GXジャイロを中心とした設定です。
エルロン(又はピッチ)サーボがピッチ操作の時は動作するのに、エルロン動作の時は動作しません。
送信機、受信機、ジャイロを交換しても同様でした。
ジャイロケーブル(三つ又になっているカラーケーブル)を交換したら正常動作しました。
ケーブルを疑っての検証です。


T-REX 600E PRO [T-REX 600E PRO]

kx016016_1.jpg
みなさん既にご存知かと思いますが、T-REX 600 電動の PRO版が出ていました。

kx016016_4.jpg
既に 700E F3C 用の New ローターヘッドも出ていますが、それの流れを汲むヘッド回りとなっています。AIRSKIPPER などと同じ方式のようです。

kx016017_4.jpg
バーレスも従来のものと少し変わっています。

バッテリーは、6セル2本なのでちょっと強烈ですね。

その他の部分についても、700E F3C のようにスペシャル満載となっているようです。
機体構造も似ていますしね。

詳しくは、こちら。

T-REX 600E PRO ブログトップ