So-net無料ブログ作成
検索選択
T-REX 450 Pro 3GX ブログトップ

くせの無いバーレス [T-REX 450 Pro 3GX]

IMG_0771.jpg
早朝から出かけました。昨日の一日の雨(関東甲信越だけみたいですが)の後なので、水溜まりがあちこちにありました。
曇り空なので、太陽を気にせずシルフィードで上空をフライトした後は、3GXの調整に時間をかけました。
バー付きよりエルロンはかなり舵角を減らし、エレベーターは70%くらいにしてみました。
結果、エレベーター操作はクイックで、背面には素早く入れる事ができるようになりました。
機体をひっくり返す時のバー付き特有のテールのくせは全然無いので楽になりました。
3GXのラダージャイロとしての性能はGP790と同じくらいか、GP780世代よりもかなり良くなっていると感じます。

現在まで調整した限りでは、背面ホバリングの安定はバー付きの方に軍配が上がりそうです。
バーレスは奥が深いのでセッティングによって変化させられるかもしれませんが、ホバリング安定はみなさん手探りのようです。

450 DFC [T-REX 450 Pro 3GX]

h45162_1_en.jpg
海外のショップから入荷したというメールが帰宅途中に来たので、家に帰ってから見たらもう無くなっていました。入荷数も少なかったのでしょうね。

ヘッドが短い必要は無い(私の飛行目的なら)のですが、部品点数が少なくメンテナンス性が良さそうだからです。でも、墜落した時に一点当たりのパーツ代が高そうです。

ブラックシャーク( Black Shark Ⅲ700 )も ALIGN のサイトに載っているので、もうそろそろですね。あまり価格が安くないのですが、激安ショップ経由ならお買い得でしょうか。
私は赤いやつかなあ。

フライトして来ました [T-REX 450 Pro 3GX]

IMG_2432.jpg
相変わらず飛行場での写真が無いのですが、フライトして来ましたので状況を。

まず、最初にテールだけ最終確認しておこうと思ったら、なぜか逆。もしやと思いエルロン、エレベーターを確認したらそれも逆。V2.0 にアップデートしたら設定が初期化されていました。

もう一度設定し直して1フライト目。
全然ジャイロが効いていないような感触(全然効いていなければまともに飛びませんが)。
良く考えてみると、エルロン、エレベーター D/R を入れたままリミット設定をやっていました。
ジャイロによる傾き補正が半分くらいしか効いていませんでした。
舵はかなり機敏。高速ピルエットすると、右と左でアップ舵、ダウン舵が入ってしまいます。

ラダーの舵角を減らして、2フライト目。
今度はまあまあ、ピルエットOK。指でミキシング入っていたのかなあ。
各舵は機敏です。
ループに入れてみましたところ、大き過ぎて2メートルくらいの高度まで下がってしまいました。
小舵は効くけど、大舵はダメ。
あまり安定方向にジャイロが効くという感じでは無いです。

3フライト目。
背面に入れて見ました。舵を打たないとじっとしている感じ。(水平を保っているわけではありません。)
バー付きの機体のように細かい舵で機体姿勢を保たなくても良いようです。
ただし、操縦はしないとあっちこっちに行ってしまうので、難しさはそんなに変わりません。

4フライト目。
少し低めに背面。ピッチの動きもなんだか機敏。
これは角度を落とすわけには行かないので、ピッチカーブで考える必要があるかも。

他の方に当てはまるわけではありませんが、私の場合は舵角をバー付き並みにして、エクスポは多めに入れた方が良さそうです。

ALIGN って [T-REX 450 Pro 3GX]

IMG_2427.jpg
機体の設計の時に配線のことをあまり考えていませんね。

IMG_2426.jpg
自社製品どうしなのに、コネクターもうまく入らないですね。

さて、ジャイロは胴体フレーム内にマウントがあり、内部に収納できるようになっていますが、配線のやり直しや、セッティングの手間を考慮して上部に固定しました。

セッティングは週末に悪戦苦闘します。PCでやれば簡単かな?

ヘッドの取り付け [T-REX 450 Pro 3GX]

IMG_2425.jpg
取り付けた状態です。
平日は遅々として進みませんね。

リンケージしたら、3GX を乗っけて、セッティングです。

3GX ヘッドの組み立て [T-REX 450 Pro 3GX]

パーツとして着いて来たものは、450 V2 に含まれないものだけでした。スピンドルシャフトやメインシャフト、スラストベアリングは元の機体のものを使う必要があります。
3GXスーパーコンボとはちょっと事情が違いますので、そちらの方はまた機会があったらとしたいと思います。

IMG_2421.jpg
ローターホルダーです。ちょっとアームが長め。
付属するのはこれだけと内部のベアリングのみ。
ベアリングカラー、スピンドルワッシャー、ネジも付属しません。

IMG_2422.jpg
ローターホウジングは、ミキシングベースと一体型。ダンパーゴムとスピンドルカラーは付属します。

IMG_2423.jpg
元の機体よりスピンドル関係を取り出して、組み立てたところ。
リンケージボールが右側違っています。写真が無いのですみません。

IMG_2424.jpg
ミキシングアームのネジも全部ロックする必要がありました。
ここで、どうして寸歩の違うネジが付属しているんだろうと不思議がりながら、手持ちの M2 x 12mm のステンレスネジに交換しました。

IMG_2425.jpg
ミキシングアームを組み込んだところ。

3GX パーツ [T-REX 450 Pro 3GX]

来ました。

IMG_0757.jpg
3GX のセットを買ったつもりでしたが、パーツがばらばらに入ってました。
組み合わせてセットして販売していたようです。

3GX は残念ながら、V1.2 でしたが USB インタフェースが付属するのでアップデートできます。

これで、送料込みで1万6千円強ですから、3GX にする方は最初からキットを買った方が良さそうですね。

450 Pro V2 でしっかりホバリングを練習して、上空や3Dに挑戦される方のステップアップには丁度良いと思います。
T-REX 450 Pro 3GX ブログトップ